学校の授業を最大限活用しましょう

 

 

学校から配られる教材(ワーク)は細かくチェックする場合もありますか、基本的には定期テストでその範囲を完成させて提出になります。

テストではその教材を活用した問題が多く出題されます。何度も学習できるように、はじめはノートなどに答えを書いて学習するなどの工夫をして、2、3回繰り返すのが理想的です。

しかし、最終的には直接書き込んで提出になるので、そんな余裕がないのが現実です。直接書いて学習を進める場合、丸つけの仕方にコツがあります。

赤ペンなどで正解しているところに丸を付けるのですが、正解でないとき、そのまま赤で正解の答えを書いていくという作業をします。先生によってはそうするように指導があるかもしれません。ただ、それで終わってしまっては何の意味もありません。

特に数学は間違えたところが重要です。解き直しが大切です。ただ、答えを書いてしまうと、解き直しにも今ひとつ集中できないものです。

オススメする方法は、間違えたらバツのみにしておき、答えを閉じて、空いているところに解き直しをする。もし、解き直すスペースがなかったら、間違えている箇所だけ直す。また、付箋などを貼ってスペースを新たに作ってもいい。

ワークの答えは、確認するだけでなく、わからないときは見ても良いものだと思います。ただ、写してはいけない。見てやり方を学習したら、自分で解答を作る作業をするのが、答えを有効に活用したやり方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です