定期テストのための勉強計画

定期テスト(中間、期末)は大体2週間前位から学校では計画を立てさせる場合が多いです。その頃に範囲表も配られるからです。

しかし、そこから始めていては、テストで提出しなければいけない範囲を学習するだけで終わってしまうでしょう。範囲がなくても定期テスト向けの勉強はスタートはできるはずなのです。

定期テストの範囲は、前回のテストが終わったところからなのですから。先生によっては、前回の範囲も重ねる場合もありますが、確実に範囲だったところの次のところは出題されるでしょう。

ある程度スタートがわかれば、範囲表がなくてもテスト勉強を進めることは可能です。ワークなどの教材を3回繰り返しやるには、2週間では厳しいです。テスト範囲を予想してある程度範囲表が配られるまで、今学習しているところに追いつくくらいは進めておくのが理想です

特に数学は今学習している内容はその前の学習の知識を踏まえたものになっていますので、テスト勉強を兼ねた復習として、今学習している内容にも有効です。

それに、勉強する期間が長ければそれだけスケジュールにも余裕が持てるため、急な用事で勉強出来ない日があったとしても後日にまわすこともできるしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です